予防接種の目的

予防接種のイメージ写真

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原微生物からつくったワクチンを接種することによって免疫をつけ、特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むように行われます。
当クリニックでは、主に大人向けにインフルエンザおよび肺炎球菌ワクチンの接種を行っています。
その他の予防接種についても対応できることがあるので、まずはご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザを予防する効果的な手段に、流行前のワクチン接種があります。
ウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も毎年行う必要性があります。
接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。
日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することを考えると、毎年12月中旬頃までに接種しましょう。

肺炎球菌ワクチン

肺炎を予防するために出来ることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。
肺炎の原因菌で最も多いと考えられている肺炎球菌による感染症を防ぎます。罹患した際にも、重症化を防ぐ効果が見込めます。
なお、接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。