花粉症とは

花粉症のイメージ写真

花粉症は、アレルギー性鼻炎のうち、特に植物の花粉が原因となって引き起こされる病気です。
目の痒み、立て続けのくしゃみ、などの症状を引き起こします。
原因となる花粉としては、スギやヒノキがよく知られていますが、これら以外にもシラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

主な症状

花粉症になると、目の痒み、異物感、充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が現れます。
ひどくなると、咳、のどの痛み、皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。
肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。

花粉症の検査と治療

問診によって花粉症が疑われるときは、まず鼻鏡検査や血液検査を行い、アレルギー症状を引き起こす原因物質を特定します。
その上で、原因となっている花粉を近づけないための環境整備を行い、薬物療法を中心に治療します。
具体的には、内服薬や鼻スプレー、レーザー治療などを選択します。
内服薬は、花粉の飛散が始まる2週間前から飲み始めます。
症状が出てから薬を飲み始めるのに比べて、症状が軽く済むことが多いと考えられています。
特に鼻みず、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレーは、花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、症状や鼻づまりが強い人には用いられます。
また、慢性的な鼻づまりでお悩みの方には、アレルギーへの過剰反応を鈍らせることが可能なレーザー治療を行ったりします。