循環器内科とは

循環器内科のイメージ写真

心臓から血液が送り出されて体じゅうの組織を巡る経路のことを循環器と呼んでいます。
したがって、循環器内科では不整脈、狭心症・心筋梗塞、心不全などの心疾患や、動脈硬化、動脈瘤などの血管の疾患が主な対象となります。
こうした病気の治療には一刻を要するケースもあり、高度な設備の整った医療施設で複数の専門医が対応することもあります。
当クリニックでは、こうした専門医療機関と連携し、患者さんの治療を進めていきます。

このような症状の方はご相談ください

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行・運動時に胸が苦しくなり、休むと楽になる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、強い鼓動を感じる)
  • 脈が乱れる、飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になったとき)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(意識を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科で扱う主な疾患

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 不整脈
  • 閉塞性動脈硬化症 など