肝炎について

肝炎のイメージ写真

肝炎には幾つかの種類があり、この中には肝臓の機能を著しく障害するものもあります。
肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、問題が生じていても自覚症状の現れないことが多くあります。
そのため、病気が進行するまで見過ごされやすいため、適宜検査をし、早めに適切な治療を受けることが大切です。
ウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎などに十分注意しましょう。

ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎は、肝炎ウイルスに感染することによって肝機能が障害されてしまう疾患です。肝炎を引き起こす原因ウイルスにはA・B・C・D・E型がありますが、日本人に圧倒的に多く、臨床上の大きな問題となるのはB型肝炎とC型肝炎です。肝がんのほとんどがウイルス性肝炎から起こるので、注意が必要です。但し、日常生活でウイルス性肝炎に感染する可能性はほとんど無いと考えられているため、一度検査を受けてウイルスが発見されなければ過度に心配する必要はありません。肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査で知ることができますので、一度は検査をお受けになるよう、お勧めいたします。

アルコール性肝炎

大量飲酒による脂肪肝が、さらに進行して悪化した状態がアルコール性肝炎です。主な症状は、倦怠感や吐き気、黄疸などですが、はっきりと現れないケースもあります。肝臓は非常に回復力が強い臓器なので、アルコール性肝炎と診断されても、初期であれば飲酒量を減らすことで改善します。

非アルコール性脂肪肝炎

お酒を飲まない人が脂肪肝炎になり、肝硬変、肝がんへと進行するケースがあります。これは非アルコール性脂肪肝炎と呼ばれ、自覚症状もほとんどありません。主な原因は、肥満、糖尿病、脂質異常症、薬剤摂取などです。治療にあたっては、まず生活改善に取り組むことが大切です。低エネルギーで栄養バランスの良い食事を心掛け、適度な運動を生活に取り入れます。それでも肝機能異常が治らない場合は、薬物療法が行われたりします。

肝硬変

肝硬変は、肝炎が進行して迎えた末期症状と言えます。肝細胞が壊死と再生を繰り返すことで、肝臓が硬く小さくなる病気です。肝機能が低下してくると、だるい、疲れやすい、食欲不振、黄疸などの症状が現れますが、初期にはほとんど気づきません。
しかし、肝がんなどを合併することも多いので、定期的に医療機関を受診しておくようお勧めします。