生活習慣病とは

生活習慣病のイメージ写真

生活習慣病には糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症などの種類があります。
いずれも過食や偏食、運動不足、喫煙、過度の飲酒といった生活習慣の不摂生が主な原因となって起こってくる慢性疾患です。

生活習慣を見直しましょう

生活習慣病になっても、初期の段階では目立った自覚症状がありません。
しかし、糖尿病や高血圧、脂質異常症などを放置していると、心臓病や脳血管疾患などのリスクが高まってしまいます。
このように、生活習慣病は生命にかかわる病気とも言えるのですが、生活習慣を見直すことによって予防・改善できる余地も大きいと考えられています。
自覚症状が無い方であっても、健康診断などで検査値の異常を指摘された方は、お早めに当クリニックをご受診ください。

動脈硬化

動脈硬化症は、文字通り動脈が硬くなっている状態です。これによって血管の弾力性が失われてしまい、心臓に負担が掛かってしまいます。また、動脈が硬くなると血管の内側に粥腫が出来やすくなり、血管の中が狭くなったり、血管が詰まったり、粥腫が血液中を漂って脳内などの細い血管を詰まらせたりします。必要な酸素や栄養が全身に行き渡らず、全身の臓器にも悪影響が出ます。血管が詰まってしまうと、臓器や組織に血液が届かず、組織が死んでしまう事もあります。

高血圧

高血圧は、血圧が適正範囲を超えて高く維持されてしまう病気です。診察室で測定する場合は、収縮期140㎜Hg以上、拡張期90mmHg以上が目安となります。家庭で測定するときは同135/85mmHg以上となります。このように血圧の高い状態が続くと、血管壁が圧力によるダメージを受け続けてしまい、動脈硬化の原因になります。塩分の摂り過ぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ、運動不足、精神的ストレスのある生活などには十分注意しましょう。また、肥満の方は、食事などを見直して適正な体重に近づけてください。医師からお薬を処方された方は、途中で飲むことをやめたりせず、指示通りきちんと服用しましょう。

糖尿病

糖尿病は、生活習慣の乱れなどによって血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなり、ブドウ糖が慢性的にだぶついてしまう病気です。この状態が長期にわたって続くと全身の血管に様々な問題が現れ、心筋梗塞や脳卒中、腎臓疾患、視力の著しい低下など、深刻な事態にも陥りかねません。一度糖尿病になると、残念ながら完治させることができません。しかし、血糖値を正常に保ち、体重や血圧、血中脂質も良好な状態に保っていけたならば、合併症を起こさずに健康を維持することは十分に可能です。医師の指導のもと、食事療法や運動療法、薬物療法を早めに開始するようお勧めします。

脂質異常症

脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪の濃度が慢性的に高い状態が続く病気です。放置していると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。エネルギー過多な食生活、喫煙、お酒の飲みすぎなどが重なると脂質異常症のリスクが高まります。栄養バランスのとれた食生活、適正体重の維持、適度な運動などを心がけ、血中脂質を下げるようにして下さい。これらの対策は動脈硬化の進行防止にも役立ちます。

高尿酸血症

高尿酸血症は、血中尿酸値の高い状態が長く続く病気です。放置していると尿酸が関節の中で固まって結晶になるため、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛み出したりします。そればかりでなく、心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まります。もっとも、最近は治療法も進歩しており、良い薬も開発されています。正しい治療を受け、生活改善をすれば、まったく健康的な生活が送れますので、この治療に精通した医療機関をお早めに受診してください。