消化器科とは

消化器科のイメージ写真

消化器内科は、食道や胃、小腸、大腸などに起こった様々な症状や違和感がある方を対象として、主に内科的な治療を行う専門診療科です。
腹痛や嘔吐、下痢、便秘などは、軽度な一過性の病気であることも多いのですが、すぐに治療しないと命に関わることもあります。
また、お腹の違和感や食欲不振、下痢などが慢性的に続くときは、胃がんや大腸がんの可能性が考えられます。
気になる症状が見られたときは、お早めに消化器内科を受診するようにして下さい。

このような症状の方はご相談を

  • お腹が痛い
  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胸やけ
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 顔色が悪い
  • お腹の調子が何となく悪い など

消化器内科で診療する主な疾患

逆流性食道炎

胃液や胃内で消化途中の食物が食道に逆流することにより、食道が炎症を起こしてびらんや潰瘍を生じる病気です。胃から食道への逆流を防ぐ仕組みがうまく機能しなかったり、胃酸の分泌が増え過ぎたりして、胃の内容物が食道に逆流して長く留まることが主な原因です。もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の欧米化などに伴い、患者数が増加しています。逆流性食道炎になると、胸やけをはじめ、酸っぱい液体が口まで上がってくる、胸が締め付けられるような痛み、咳など、様々な症状が起こります。こうした症状が見られるときは、内視鏡検査などを行い、治療につなげていきます。

慢性胃炎

食べ物などの刺激により慢性的な炎症が起こり、胃粘膜が減少した状態のことを「萎縮」と呼んでいます。また、粘膜の傷が修復される過程で胃粘膜が腸粘膜に似たものに置き換わってしまうことを「腸上皮化生」と呼びます。慢性胃炎は、このような萎縮や腸上皮化生によって起こります。大半の症例でピロリ菌が大きく関与しているので、ピロリ菌の除去などを行って治療します。

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜のコーティングが壊れて傷つき、えぐられたようになる疾患です。胃の中にピロリ菌が住み着いていたり、痛み止めの薬を飲んでいる方によく見られます。主な症状としては、みぞおちの痛み、胸やけ、お腹の張り、吐き気、嘔吐、吐血、下血などがあります。あまり多くないと言われていますが、食欲の減退をうったえられる方もいらっしゃいます。通常はお薬で治りますが、進行しているときは手術が必要になることもあります。

胃がん

胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞に変化する病気であり、日本人が罹患する悪性腫瘍の中では非常に多く見られます。初期の段階ならば、それ自体による症状は無いため、多くは検診や人間ドックの際に発見されます。早期胃がんの予後は格段に改善しており、完全にがんを切除できた場合、治癒率は9割を超えます。しかし、進行した場合は命に関わります。毎年定期的に検診を受診し、出来るだけ早期の段階で発見できるようにしましょう。

過敏性腸症候群

腸が慢性的な機能異常を起こしている状態ですが、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴いません。ストレスや暴飲暴食、不規則な生活習慣などが原因となり、下痢や便秘、腹痛、下腹部の張りなどの症状が起こります。胃腸はストレスに敏感に反応する臓器なだけに、ストレスの影響は特に大きいと考えられます。治療は、食事療法や運動療法をはじめとする生活改善から始めますが、それでも十分な効果の得られない場合は、薬物療法によって消化器症状を抑えたり、ストレスや不安を和らげたりする治療が行われます。

大腸がん

大腸の粘膜から発生する悪性腫瘍です。大別して隆起型と陥没型があり、通常、前者はゆっくりと進行するのに対し、後者は腸壁内層に食い込んでいきながら、極めて早く進行します。大腸がんのリスクが高くなる年齢は50代からです。しかし、他のがんと同様に大腸がんについても昨今若年化が進んでおり、若いからまだ大丈夫といった油断は禁物なので、年代に関係無く、定期検診を受けるようにして下さい。